フォーサーズシステムのフランジバックと外径を縮小したシステム。ミラーレスはマイクロフォーサーズから始まったわけです。

135換算するには、使用点距離を2倍にすればいいというのが判りやすい。マウントアダプターを使う場合、広角が難しい。20mmでも40mmのほぼ標準になるので。

ボディーキャップレンズ BCL-1580

2018年8月11日にヨドバシのネットショップで購入。12日着。4450円(税込)ですが、ポイントが3840ポイントあったので、実際の支払額は610円。

E-P3を「カメラのナニワ」の最寄り店舗に取り寄せたタイミングで、一応レンズがないと試し撮りもできないし、と思って購入。

135換算で30mmというのは、NEX-6に50mmレンズを付けて写真を撮ることが多い最近の感覚からすると、超広角のような広さです。

トリプレットなので、周辺光量の低下が顕著ですが、まあそれは判っていたことですからね。ボディキャップ代わりとして、面白い存在です。

まあ日常的に使うレンズではないかな、という気はします。

M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8

2018年11月15日にマップカメラのYahoo!ショッピング店で注文、17日着。美品で1万3800円(税込)。99ポイン使用し1242ポイントつくので、実質は1万2459円。

キットレンズだったこともあり、ネットショップでよく見かけます。玉数が多いと価格もこなれますし、選びやすいのは事実です。

マウントは金属製ですが、モーターがわりとうるさい。あと、周辺部の画質がよくないという評価をよく目にします。サンプル画像を見ても、そんな感じです。ただ、そのコンパクトさは魅力的です。

マウントアダプターで遊ぶのは面白いのですが、アダプター+レンズでとても長い。まあ、古いレンズで、しっかり撮りたいときはそれでいいのだけれど、そういう時ばかりでもない。

あと、マイクロフォーサーズは広角側に弱い。私が持っている古いレンズは、20mmが最広角なので、APS-Cだと30mm相当で広角レンズとして使いやすいのだけれど、マイクロフォーサーズだと40mm相当になってしまって、もはや広角レンズではない。

そんなわけで購入に至りました。

使用感と描写性能については、また後日。

SIGMA 60mm F2.8 DN

2018年9月22日にヨドバシで購入。当日に到着。ポイントがあったので、実質は3960円(税込)。

同じシリーズで19mm、30mm、60mmとある中で、もっとも評判のいい60mmを選びました。135換算で120mmなので、あまり使いやすいとは思えませんが、19mm(135換算38mm)や30mm(135換算60mm)は古いレンズでもカバーできるので、目新しい焦点距離である60mmにしてみた、という面もあります。

写真で見る限りだと、質感がよくわからなかったのですが、店頭で見たところ、思っていたよりもしっかりとしていて好印象です。全くフラットなピントリングも、思っていた以上に使いやすい。

オートフォーカスはとても速く、精度も高いのはボディの性能かな。描写性能は文句なし。30mmも買うべきかも。

M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6 II R

2018年9月18日にキタムラのネット中古で最寄り店舗への取寄を依頼し、21日に到着し購入。6980円(税込)。

下のレンズと合わせて、よくある「ダブルズームキット」になってしまいましたが、やはり望遠だけというのは使い勝手がよくない。といって、広角単焦点であまりよさそうなレンズもないので、このレンズを購入。

マウントが樹脂製で軽い。写真の状態は沈胴させているので、使用時は伸びます。AFはほぼ無音で速い。135換算28mmから84mmというのは、標準ズームレンズとしてはよくある画角ですが、わりと使いやすい。

描写性能はまあ、普通です。広角側はやっぱり絞り込まないと厳しい感じです。望遠側はわりといいと思います。

M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4.0-5.6 R

ノイジーだし、マウントアダプターでの撮影はNEX-6の方が快適だし、で「E-P3を活かす使い途は何か」と考えた時、NEX-6では弱い望遠系という結論に達しまして、低価格の割に評価の高いこのレンズがいいだろう、と。

中古だと7000円台からありますが、キットレンズを単体で売っているのであろう、安い新品(未使用品)が出回っていまして、1万3000円くらいで売られています。しかしまあ、Amazonに出品している素性の分からないところから買うのも不安だし、中古でも良品だと1万円くらいするし、と考えながら、いろいろな中古カメラ販売サイトを見ていたら、八百富で【アウトレット/箱なし新品】を発見。9800円(税込)。お買い得。これは買わねば、と2018年8月21日夜に注文して、23日着。注文した直後に見たら、品切れになっていました。タッチの差だったのかもしれません。

マウントが樹脂製で軽い。AFはほぼ無音で速い。オールドレンズの対極にあるようなレンズですが、135換算80から300mmというのが面白そうです。手持ちで300mmはどこまで行けるのか。

実際に使ってみると、子どもたちを撮影したり、対象物に寄りたいときなどにとても使いやすい。最短撮影距離が0.9mですが、テレ端だとずいぶんと寄れます。あと、日中屋外であれば、ブレることも少ないようです。

OLYMPUS PEN E-P3