エンスー通信 クルマに必要なもの

※ずっと以前に書いたので、話題としては古いです。申し訳ない。

「NAVI」という雑誌を読んでいると「そうだ、そうだよな」と思うことが多いです。私が思っていたことを言語化してくれていることが多いんですよね。だから、毎号買ってるんですけどね。


で、12月号のセルシオとメルセデスSクラス(蛇足ながら説明しますと、どちらも、世界的な自動車メイカーであるトヨタとダイムラー・クライスラーの最高級モデルです)の比較記事を読んでいて、「メルセデスには『メルセデスはかくありき』という思想(=信仰)があるけど、セルシオにはそれがない」という主旨の一文を目にし、膝を打ったわけです。

今回のセルシオは3代目ですが、「メルセデスSクラスとBMW7シリーズを超えることを目標に作った」ということです。初代から目標がこれなんですよね。もちろん、それらを超えるのは悪いことではないのだけれど、「セルシオとは何か」「セルシオとはどうあるべきか」ということを考えずに作るのは、あまりよくないと思います。そりゃ、静粛性では世界一だという話だし、シャシーもいいらしいし、エンジンもスムーズでしょう。内装もコスト削減を標榜しているメルセデスよりはいい、という記述もあります。

でもね、クルマってそれだけじゃない。うるさくて、設計は古くて、回らないエンジンで、内装が安物のパンダというクルマも魅力的なんですよね。それはやっぱり、クルマとしての一貫性、要するに思想があるからなんだと思います。そういうクルマは我々になにごとかを訴えかけてくる。そのクルマのカラーというかテイストがあるわけです。私たちはそのテイストでクルマを選ぶんだと思う。セルシオにはそれが希薄なんだね、たぶん。だから、700万円もするクルマなのに、「セルシオじゃなきゃ」と思えないだと思います。

Miniだってそうです。私が新しいMiniに魅力を感じないのは、思想がないからですよ。あんなのは初代MiniのBMW風のリメイクであって、それは初代Miniが持っていた、もしくはアレック・イシゴニスが標榜した理念とは全然違うところに向かっている。そんなクルマにMiniなんて名前を付けて欲しくない、というのがいちMiniファンとしての意見ですね。

また、生産が終了した初代Miniを欲しいと思わないのは、その思想がもう廃れてしまったものだからです。1959年にリリースされた当時は、設計者のアレック・イシゴニスが徹底的に合理性を追求しただけあって、斬新で効率的な、革新性に満ちたクルマだったわけです。多くの人がびっくりした。でも、もう今は、実用性の乏しい、安全性の低い、クラシック・カーみたいになっちゃってる。古い思想でも、思想がないよりマシだ(だから新しいMiniよりは魅力的ですね)とも思うけど、私としては今の世界で有効な思想を持ったクルマが欲しい。

リリースから41年後のモデル・チェンジなんだから、もっと変わるべきだと思う。新しいMiniの設計者は、Miniの見た目だけの特徴を捉えるのは上手いけど、アレック・イシゴニスの理想は完全に無視してる。全然合理的じゃない。経済的でもない。リアシートが狭いし。もちろん、イシゴニスに義理立てしなくてもいいけど、Miniの基本理念は汲み取る必要があったんじゃないかな。それをしないで、モデルチェンジしたら、日本車と同じじゃない。

思うにMiniは最もブランドになってはいけないクルマだと思う。考えてみて欲しい、新しいMiniから、Miniの名前を取ると、残るものって何だろう。

セルシオに話を戻すと、だから私はセルシオを高級車だと思わないわけです。セルシオはメルセデスSとBMW7に勝ったかも知れない。でも、それは負けなんだよ。だって、セルシオの魅力は「メルセデスSとBMW7に勝った」ということだけじゃない。メルセデスSはメルセデス的世界の頂点にいるし、BMWもそう。でも、トヨタ的世界ってないでしょ。MR−Sなんてのもあれば、カローラってのもあって、マーク兇箸いΔ里發△辰燭蠅垢襦トヨタの世界観って何? 売れればいい? そういう世界を持たないクルマって高級車じゃないと思うな。


私は素人なので何でも書けるからいいんだけど、ユーザーが望んでいるものなんて、考慮するのは最後の方だと思う。「うちのクルマはこうあるべきだ」っていう妥協できない部分が確固としてあって、その上で妥協できる点は市場調査で詰めればいい。

私はかねがね、ものを創る者はユーザーよりずっと先を行っている必要があると思ってる。音楽家にしてもクルマを作る人にしても。そういう人たちが「これでどうだ」「これを見ろ」という会心の作を我々ユーザーの前に置いていくからこそ、我々の現実的なニーズとは違う、新しいものが眼前に現れるからこそワクワクする。ワクワクしなくても、使うほどに「いいなぁ」としみじみ思える。そんなクルマって最近ないですね。実用的で現実的だけど、全然ワクワクしないですね。


ニッサンもマツダも、グリルばっかり統一する暇があったら、自らの世界を作った方がいいと思いますよ。メルセデス、BMW、アルファなんかは確固たる世界観があるから、グリルを統一できるんですよ。