私が所有しているのは、Ai−Sといわれる絞りをボディ側からコントロールできるように改良されたものと、ニコンFと同時期に発売されたニッコール・オートというレンズです。後者はAi方式のボディでは使えません。

ペンタックスのMシリーズとタクマー・レンズ、ズイコー・レンズなどと比較すると大ぶりで重いのですが、作りはしっかりしているという印象を受けます。

NIKKOR-UD Auto 20mm F3.5

サンセットカメラというフィルムカメラを主に取り扱っているネットショップで購入。2018年5月24日に注文し、26日午前中に着。送料・税込みで2万6800円。相場よりちょっと安いくらいかな。

特徴としては前玉が大きく、フィルター径は72mmあります。また、レンズ全体としても大きく、F3.5と暗めですが、昔はこれくらい必要だったのかな、と思います。以前所有していたAi-Sの20mm F2.8よりふたまわりくらい大きく長い。

APS-Cサイズのミラーレス(NEX-6)で撮影するのに、20mmだと135換算30mmとなって便利だろうなとは思っていて、どのレンズにしようか悩んでいたところに、目に入ったレンズがこれでした。

ソニー純正の20mm F2.8もあり、性能的な評価もいいのですが、何というか趣がない。レンズに趣なんていらない、性能が高ければいいのだ、という人もいると思いますが、私はそうではありません。佇まい重視。

性能的にもよいレンズだと思います。あと、F5.6くらいでも被写界深度が深く、ピント目測でもわりといけるのもよい。

Ai NIKKOR 28mm F2.8S

NewFM2(既に手放しましたが)と一緒に元箱付き美品の中古で購入したレンズ。2万7800円。

ペンタックスMレンズと比較すると長さが倍くらいあるので、はじめはびっくりしましたが、フローティング機構が入っているからかも知れません。そのおかげもあってか20cmまで寄れる(レンズ前面からは10cmくらい)のは便利です。ただ、ボケはあんまり綺麗じゃないので注意が必要です。

描写としては、かっちりとしていて好みではあるんですが、晴天下などでは、使うフィルムにもよりますが、もうちょっとコントラストが低い方がいいんじゃないか、という気もします。鏡胴の作りはしっかりしているので、わりと信頼しているレンズです。ただ、逆光には弱いようです。純正のフードがよくないのかなあ。

NIKKOR-H Auto 50mm F2

ニコマートFTに付いてきたレンズです。同スペックで7枚構成のものからモデルチェンジされた6枚構成のレンズで、マルチコーティングされる前のモデル。

作られてから一度も手を入れていないのか、ピント・リングはすかすかです。ただ、レンズ自体はすごく綺麗なのでもったいない。整備してもらうにしても、中古価格より高くなることは確実ですから、自分でやるしかないでしょう。

使ってみると特に問題はありません。確かにリングはすかすかですが、嫌な感じはありませんし、描写もしっかりしています。リバーサルで使うとちょっと色のクリアに不満を感じました。また違うシーンで使ってみないとはっきりしたことは分かりませんが。

Micro-NIKKOR-P·C Auto 55mm F3.5

2018年6月2日、四条河原町のカメラのナニワで購入。税込み7800円。マクロレンズが欲しくていろいろと検討した結果、マイクロ・ニッコールの55mm F3.5が価格的にも実用性的にも、あと玉数的にもよさそうだな、と思ってネットで調べていて見つけたレンズ。

Ai改造済みで、マルチコーティングありという旨がどこにも書いておらず、写真が間違っているのだろうか、と電話で確認したところ、確かにAi改造済みでマルチコーティング(C)あり、とのことだったので、取り置きしてもらって買いに走りました。ヘリコイドもしっかりとトルクがあるし、7800円は安い。

ちょっと試し撮りしただけなので、評価は後日。

NIKKOR-P Auto 105mm F2.5

以前、同スペックのAi−Sレンズを所有していたものの、あまり使わないので売却しました。しかし、今になってみると描写はよかったし、中望遠も使ってみたいので再度購入。とはいえ、同じのを買うのは癪なので作りのいい古いものを購入しました。純正フィルター、フード付きで1万500円。

最後群のレンズ径が小さいので、構成図からすると極初期の3群5枚構成のもののようです。ただし絞り羽根は6枚です。

描写についてはあまりカリカリにならず、ボケは綺麗だと思います。以前所有していたものとの差はよく分かりません。

NIKKOR-Q·C Auto 200mm F4

ヤフオクで3850円で落札したレンズ。望遠レンズを使う機会は少ないんですが、試しに買ってみようと思って購入しました。価格的にも手頃でしたし、マルチコートでAi化されているので悪くないかと思いまして。

レンズとしては特にどういうことはない望遠レンズです。一応フードは内蔵されています。見ての通り外観は随分と使い込んだようで地金が見えています。そして2群目のレンズにうっすらと汚れがあります。カビなのかただの汚れなのかは不明です。

それにしても大きなレンズです。ニコマートFTに付けると持ち歩くだけでも難儀しそうなくらいです。汚れの問題と合わせて、持ち出すのが億劫でまだ試写していません。



今となっては売らなければよかった、という気持ちがしないでもない。

Ai NIKKOR 20mm F2.8S

詳しいことは忘れましたが、中古で4万円台で購入したと記憶しています。超広角レンズを使ってみたくて買った記憶があります。2018年6月現在でも販売されています。私が手に入れた2000年頃は定価8万円程度だった気がします。

あまりの画角の広さに、数回使っただけで手放しました。ヤフオクで購入価格と同じくらいで売れて、まあよかったな、という感じでした。

APS-Cサイズのカメラで使うと30mm程度の使いやすい画角になるので、売らなくてもよかったかな、という気がしますが、まあ20年後のことなんて予見できませんからね。

Ai NIKKOR 50mm F1.2S

今のところ(2005年7月)、唯一新品で買ったレンズ。カメラのナニワで、定価5万9000円の2割引+ポイント10%で購入。

すごく明るいけど重いレンズ。フード(これも大きい)を付けるとすごく威圧的な外観になります。にもかかわらず持ち出す機会が多いのは、ファインダーが明るくて気持ちいいから。EOS50Eに取り付けると明るすぎて開放ではピント合わせがしにくいほどです。それに、深度が浅いレンズでのピント合わせはそれだけで楽しい。

50mmですが、絞りを開け気味にして撮れば被写界深度が浅く、望遠的にも使えます。

New FM2

Nikon EM

Nikomat FTN